人気の投稿

2019年にデータを保護するための5多要素認証ソフトウェア

2019年にデータを保護するための5多要素認証ソフトウェア

21世紀になると、私たちは世界中のすべての情報を手にすることができます。 インターネットを使用することから得られる利益の広い範囲があるにもかかわらず、これは危険がないのではありません。 サイバー犯罪は増え続けており、通常のユーザーと組織の両方が、第三者の組織があなたのデータにアクセスするのを防ぐ強力なセキュリティシステムを持つ必要があります。 これは、大きなデータベースを所有している企業にとって特に重要です。 セキュリティ侵害は、顧客を失い、顧客の信頼を失い、市場のあなたのイメージに深刻な影響を及ぼす可能性があります。 データを保護するための古い方法には、単純なパスワードベースのシステムが含まれますが、この方法では基本的なセキュリティしか得られません。 セキュリティに関しては、ゲームを強化するために、2要素認証(2FA)サービスを使用します。 これは、パスワードを2回入力しなくても済むようにすることで、アカウントのセキュリティをさらに強化する役割を果たします。 パスワードを設定した後は、アカウントにアクセスするたびに、固有のコードを生成するだけで済みます。 このコードを使用すると、一度だけログインできます。 幸いなことに、私たちは今やあなたのデータを保護し続けるだけでなく、他にも幅広い便利な機能を提供する特別なIDaaS(サービスとしてのIDおよびアクセス管理)多要素認証ソフトウェア

Windows 10でFast Startupを無効にできない場合の対処

Windows 10でFast Startupを無効にできない場合の対処

Fast Startupには、いくつか前向きなことがあります。 ただし、導入以来、多くのユーザーがSSDストレージに切り替えたり、デュアルブートシステム構成になっています。 特に、あなたがPCを休止状態にするのではなく、あなたのPCをシャットダウンしたい場合は(Fast Startupが行います)。 ただし、ユーザーが無効にしても、Microsoftは新しいメジャーアップグレードで大胆にそれを再度有効にします。 さらに悪いことに、シャットダウン設定にFast Startup機能が見つからないユーザーもいます。 したがって、彼らはWindows 10で高速起動を無効にすることはできません。 私たちは、いくらかの光を当ててそれを取り戻す方法を示すか、さらに良いことに、欠けているUIオプションを無視する3つの異なる方法でそれを無効にする方法を示すようにしました。 Fast Startupを無効にできない場合は、下記の解決策を必ず確認してください。 Windows 10でFast Startupを確実に無効にする方法 標準的な方法で試してください BIOSを確認する ローカルグループポリシーエディタで試す 休止状態が有効になっているか確認する SFCとDISMを実行する BATファイルを使用する レジストリエディタで高速起動を無効にする 解決策1 - 標準的なアプローチを試してください あな

修正:Windows 10のローバッテリー通知が機能しない

修正:Windows 10のローバッテリー通知が機能しない

Windows 10のローバッテリー通知ポップアップは、ラップトップのバッテリーが切れていて充電が必要であることを知らせます。 ただし、その通知は常に機能するわけではありません。 あなたのラップトップまたはノートブックのバッテリーが切れる前にローバッテリー警告がポップアップしていませんか? これは、Windows 10で機能していないバッテリー通知を修正する方法です。 バッテリ通知がPCで機能しない[FIX] バッテリー通知をオンにする ローバッテリレベルを設定する バッテリ切れの動作設定を構成する 電源プラン設定をデフォルトに戻す ノートパソコンのバッテリーを交換する Windowsに代替バッテリ通知を追加する 1.電池通知をオンにする Windowsには、電池残量通知設定がいくつかあります。 これらの設定をオンにすると、オフになっている場合は、おそらくWindows 10の通知が復元されます。これにより、ローバッテリ警告をオンに切り替えることができます。 そのアプリを開くには、タスクバーのCortanaボタンを押してください。 Cortanaの検索ボックスに「 コントロールパネル 」と入力します。 真下のスナップショットで コントロールパネル を開くことを選択します。 [ 電源オプション ]をクリックして、すぐ下のタブを開きます。 [ プラン設定の 変更] > [ 詳細電力

興味深い記事

Windows 10がGoProカメラを認識しない場合はどうすればいいですか。

Windows 10がGoProカメラを認識しない場合はどうすればいいですか。

Windows 10はGoProを認識しないのですか? ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングツールを開く Windows 10用のUSBトラブルシューターを開く カメラの電源が入っていてSDカードが入っているか確認してください 別のUSBケーブルでカメラをPCに接続する カメラを別のUSBポートに接続する USBコントローラドライバを再インストールします カメラのカードフォルダのタイトルを確認する マイクロSDカードアダプタを使って写真をPCに転送する GoProカメラはアクション撮影に最適です。 それらはユーザーが物に付けることができるさまざまな台紙が付いている多目的なカメラです。 GoProユーザーは、GoPro Appを使用して、録画したビデオをカメラからWindows 10デスクトップに転送します。 ただし、Windows 10のGoPro App for Desktopは、接続されたGoProカメラを常に認識するわけではありません。 カメラがアプリに表示されず、エラーメッセージが表示されることさえあります。 これらは、接続されたカメラを認識しないときにGoPro App for Desktopを修正する可能性があるいくつかの解像度です。 認識されないGoProカメラを修正するためのソリューション 1.ハードウェアとデバイスのトラブルシューターを開く まず、Wind

修正:Chkdsk.Exeが起動ごとに実行される

修正:Chkdsk.Exeが起動ごとに実行される

ハードディスクとファイルシステムのエラーを検出して修復するには、Check Disk UtilityまたはChkdsk.exeを使用します。 しかし、それはまたいくつかの問題を引き起こす可能性があります。 伝えられるところによると、何人かのWindowsユーザーはシステムが彼らがコンピュータを起動するたびにChkdsk.exeを実行すると言いました。 これは、Chkdsk.exeがシステムファイルの一部を「ダーティ」として検出したときに発生します。うまくいけば、この問題に対するいくつかの解決策があります。そのうちの少なくとも1つが役立つことを願っています。 システムを起動するたびにWindows 8 / 8.1 / 10のCheck Diskまたはchkdskツールが実行される場合は、この問題を解決するためにできることがいくつかあります。 まず、プロセス1を完了させましょう レ

英雄の英雄をプレイしたいですか? これが私たちのお気に入りのVPNの5つです
VPN

英雄の英雄をプレイしたいですか? これが私たちのお気に入りのVPNの5つです

Heroes of the Stormは、ブリザードエンターテイメントによって2015年にリリースされたオンラインマルチプレイヤーゲームです。 アクションゲームは、競技場で戦っているプレイヤーを中心に展開します。 さらに、Heroes of the Stormは、Overwatch、Starcraft、Diabloなどの他のブリザードゲームの多くのキャラクターをフィーチャーしています。 ゲームは5対5の試合が行われるバトルロワイヤルに基づいています。 プレイヤーはコンピューター制御のキャラクターと対戦することもできます。 次の4つの役割から1つを選択できます。 暗殺者、サポート、スペシャリスト、そして戦士。 これらの役割にはそれぞれ長所と短所があり、それを利用して相手に有利になることができます。 ただし、Heroes of the Stormプレーヤーは、ラグや低速接続など、ゲームサーバーへの接続に問題があります。 あなたのゲームプレイ経験を悪くする可能性があるあなたのシステムへのDDoS攻撃もあるかもしれません。 したがって、これがVPNの登場です。 VPNを使用すると、接続の遅れのリスクが軽減され、ゲームサーバーへの安全な接続が可能になります。 この記事では、最高のVPNサービスプロバイダを紹介し、詳細な情報を得て、最大の価値を生み出すだろうHeroes of the Storm

完全修正:Windows 10上でプロキシがオフにならない

完全修正:Windows 10上でプロキシがオフにならない

多くのユーザーは自分のプライバシーをオンラインで保護するためにプロキシを使用しますが、プロキシがオフにならない場合はどうすればよいですか? プロキシをオフにできないことが問題になる可能性があり、マルウェア感染の兆候になる可能性もあるため、今日の記事でこの問題を解決する方法を紹介します。 多くのユーザーが自分のプロキシの問題を報告し、プロキシの問題について言えば、ここにいくつかの一般的な問題があります: プロキシサーバーがWindows 10を起動し続ける - あなたが何をしてもあなたのプロキシ設定は 起動し続ける ことができます。 この問題を解決するには、必ずシステムのマルウェアをスキャンしてください。 Windows 10のプロキシ設定は変わり続けますが、保存されません - レジストリの問題が原因で、これらの問題が発生することがあります。 それらを修正するには、レジストリでいくつかの調整を行う必要があります。 プロキシ設定を変更できないWindows 10 - 場合によっては、プロキシ設定をまったく変更できないことがあります。 これはあなたのユーザープロファイルが破損している場合に起こり得るので、問題を解決するために新しいものを作成してください。 プロキシ設定、サーバーの電源が切れない - 場合によっては、設定を無効にできないことがあります。 これは必要なサービスが実行されていない

フルガイド:Windows 10のFILE SYSTEMエラー

フルガイド:Windows 10のFILE SYSTEMエラー

Blue Screen of Deathエラーは、Windowsでおそらく最も恐ろしいエラーの1つです。 これらのエラーは多くの場合、障害のあるハードウェアまたは互換性のないソフトウェアによって発生します。場合によっては、これらのエラーによってWindows 10が起動しなくなることがあります。 ご覧のとおり、BSoDエラーはかなり深刻な場合がありますが、当社の解決策のいずれかを従うことによりFILE SYSTEMエラーを修正することができます。 Windows 10のFILE SYSTEMエラーを修正する 目次: Windows 10とあなたのドライバが最新であることを確認してください BSODトラブルシューターを実行する SFCスキャンを実行する DISMを実行 ウイルス対策ソフトウェアを削除する CHKDSKスキャンを実行する Windows 10をリセットする 故障したハードウェアをチェックする 修正 - ファイルシステムのWindows 10エラー 解決策1 - Windows 10とあなたのドライバが最新であることを確認する Blue Screen of Deathエラーは互換性のないドライバが原因で発生することが多く、この問題を解決するために、すべてのドライバが最新のものであることを確認することを強くお勧めします。 ユーザーによると、ネットワークドライバやグラフィックカ

完全修正:Windows 10、8.1、7の無反応タスクバー

完全修正:Windows 10、8.1、7の無反応タスクバー

Windows 10には欠陥がないわけではありません。さらに厄介な問題の1つは、応答しないタスクバーです。 応答しないタスクバーを使用すると、通知、[スタート]メニュー、または[Cortana]にアクセスできません。そのため、これがこのような問題である理由がわかります。 幸い、私たちはあなたに利用可能ないくつかの解決策を持っています。 Windows 10で無反応タスクバーを修正する方法 タスクバーはシステムの重要なコンポーネントですが、タスクバーが応答しなくなることがあります。 無反応のタスクバーといえば、ここでユーザーが報告したいくつかの同様の問題があります: Windows 10の[スタート]メニューとタスクバーが機能しない - [スタート]メニューとタスクバーの両方が 機能しない ことがあります。 これはウイルス対策が原因である可能性があるので、必ず最新のアップデートをインストールし、それが役立つかどうかを確認してください。 Windows 10の[スタート]メニューが機能しない - これは、応答しないタスクバーと並んで発生する可能性がある同様の問題です。 スタートメニューが機能しない場合は、この問題を解決する方法についての詳細な説明があるように私達の関連記事の1つをチェックするようにしてください。 Windows 10のタスクバーがフリーズして動作していない - これはタス