人気の投稿

修正:Windows 10 Updateがハングする

修正:Windows 10 Updateがハングする

システムの安定性と保護性を維持するために、Windows 10はバックグラウンドで必要なすべての更新を自動的に実行します。 Windows Updateをダウンロードすることはかなり重要ですが、多くのユーザーはWindows 10 Updateが何らかの奇妙な理由でハングアップすると報告しました。 これは大きな問題のように思えますが、幸いなことに、それを修正する方法がいくつかあります。 Windows 10のアップデートがハングアップする、どうすれば解決できますか? 目次: Windows Updateサービスを停止し、SoftwareDistributionフォルダを削除します。 辛抱して更新が完了するのを待ちます Windows Updateのトラブルシューティングツールを使用する ネットワーク接続を再開する SFCスキャンを実行する DISMを実行 ウイルス対策を無効にする 更新を削除してやり直してください Windows Updateサービスを再起動します。 解決策1 - Windows Updateサービスを停止してSoftwareDistributionフォルダを削除する Windows Updateが動かなくなった場合は、次の手順に従ってWindows Updateサービスを無効にする必要があります。 Windowsキー+ Xキーを 押して、メニューから [コマンドプロ

Windows 8、8.1、10の破損したユーザープロファイルを修正する方法[更新]

Windows 8、8.1、10の破損したユーザープロファイルを修正する方法[更新]

Windows 8またはWindows 10でユーザープロファイルが破損していると、通常、PCの起動時にWindowsにログインできなくなります。 この問題は通常、エラーメッセージによって示されます。 Windows 8、10を使用しているほとんどの人は、通常、最初にオペレーティングシステムをインストールするときにユーザープロファイルを作成するか、PCを使用している場合は管理者アカウントからログインします。 Windows 8、10にユーザープロファイルを設定すると、デスクトップテーマ、そのユーザープロファイルにのみ必要なインストール済みプログラム、またはシステムのサウンド設定を好みに合わせて変更するなど、ログイン時の設定をカスタマイズできます。 これらはあなたがあなた自身のユーザープロファイルでカスタマイズできることが役に立つかもしれないほんの少しの機能です。 多くのWindows 8ユーザーが破損したユーザープロファイルに関連した問題を抱えていることを見て、私はこの問題をどの程度正確に解決できるかを以下の短いチュートリアルで紹介することにしました。 Windows 8、10で破損したユーザープロファイルを修正する方法 Regeditを使用して破損したユーザープロファイルを修正する 新しいユーザープロファイルを作成する Windows 10上の破損したユーザープロファイルを修正しま

Windows 10、8.1でダイアログボックスのテキストをコピーする方法

Windows 10、8.1でダイアログボックスのテキストをコピーする方法

たとえば、Windows 10または8.1でエラーメッセージやポップアップが表示され、そのメッセージに表示されるテキストを手動で書くのにうんざりしていない場合は、このチュートリアルではいくつかのキーボードボタンでテキストを直接コピーできます。あなたが選んだメモ帳やワード文書に。 Windows 10およびWindows 8.1では、キーボード上の2つのボタンを使用して画面に表示されるメッセージをコピーし、そのメッセージをMicrosoftシステムのサポート担当者にすぐに貼り付けることができます。あなたの問題で。 チュートリアル:Windows 10および8.1でダイアログボックスのテキストをクリップボードにコピーする 解決策1:組み込みのWindows機能を使用する たとえば、画面に突然表示されるエラーメッセージ「Microsoft Visual C ++ランタイムライブラリ」を見てみましょう。 この場合、メッセージをワード文書

興味深い記事

わずか5分で破損したWAVファイルを修正する方法

わずか5分で破損したWAVファイルを修正する方法

WAV ファイル は WaveFormオーディオ ファイル とも呼ばれ、主にWindowsコンピュータで使用されている標準のオーディオフォーマットです。 このようなファイルは圧縮をサポートしていますが、圧縮されていない場合はMP3などの主要なオーディオフォーマットよりも大きくなります。 このように、WAVファイルは、特に音楽ファイルを共有するときやオンラインで音楽を購入するときに、常に好ましいオーディオフォーマットとして使用されるわけではありません。 予期しないコンピュータのシャットダウンやソフトウェアエラーなど、いくつかの理由でファイルが破損します。 WAVファイルの場合、再生、管理、編集、修正を行うオーディオ編集ソフトウェアプログラムを使用して、破損したファイルを修復または修正する方法があります。 WAVファイルを開くための一般的な方法には、VLC、iTunes、Windows Media Player、MicrosoftのGroove Music、Winamp、QuickTimeなどがあります。 これはあなたが破損したWAVファイルを修正するために使用できるいくつかの解決策です。 破損したwavファイルを修正する方法 ファイルが破損していないか確認してください VLCを使う 1.ファイルが破損していないか確認します これをする: 破損したWAVファイルを見つける 右クリックして

修正:Googleドライブzipエラー失敗

修正:Googleドライブzipエラー失敗

Googleドライブを使用すると、共有ユーザーと一緒にGoogleドキュメントやファイルをダウンロードできますが、問題が発生する可能性があるため、すべてがバラ色で日光浴するわけではありません。 これは、特に緊急にいくつかのファイルを必要としていても、何らかの理由でそれらをダウンロードできない場合には、非常にイライラすることがあります。 これらのエラーの中には Google Drive zip failed エラー があり ますので、今日はこの問題を解決する方法をお教えします。 Googleドライブのzipエラーの修復方法エラー 解決策1:ファイルがGoogleの許可する制限を超えないようにします。 円滑なダウンロードを確実にするために、Googleは通常zipファイルを2GBに制限し、ファイル数をフォルダごとに500に制限します。 この制限を超えると、Googleドライブのzipエラーが失敗します。 Googleは通常、2GBを超えるアーカイブを複数のzipファイルに分割します。 ただし、アーカイブにtbzまたはtgz形式を選択すると、サイズ制限が50GBに増え、Googleがアーカイブを分割する可能性が低くなります。 tbzまたはtgzアーカイブを解凍するために特別なソフトウェアをインストールする必要があるかもしれないことに注意してください。 Googleドライブで重複したファイル

修正:Windows 10のエラー0x80070005-0x90002

修正:Windows 10のエラー0x80070005-0x90002

無料アップグレード期間は7月29日に終了したので、Windows 10を入手する唯一の方法はクリーンインストールを実行することです。 メディア作成ツールの使用中に多くのユーザーがエラー0x80070005-0x90002を報告しましたので、このエラーを修正する方法を見ましょう。 エラー0x80070005-0x90002、修復方法は? 目次: ウイルス対策ソフトウェアを削除する 別のPCでメディア作成ツールを使用してみてください SFCスキャンを実行する DISMを実行 更新トラブルシューティングツールを実行する 以前のアップデートをアンインストールする ドライバを更新する $ WINDOWSを削除します。〜BTフォルダー 修正:Windows 10アップグレードエラー0x80070005-0x90002 メディア作成ツールは、Windows 10 ISOファイルをダウンロードしてブータブルメディアをわずか数ステップで作成する一般的なツールです。 これはMicrosoftの公式ツールであり、世界中のユーザーがこのツールを使用してWindows 10インストールメディアを作成しています。 これはWindows 10 ISOファイルをダウンロードし、起動可能なメディアを作成することを可能にする唯一のツールであるため、エラー0x80070005-0x90002がどのように多くの問題を引き起

[FIX] Windows 10でWindows + Shift + Sホットキーが機能しない

[FIX] Windows 10でWindows + Shift + Sホットキーが機能しない

Creators Update以降、一部のユーザーはフォーラムでOneNote 2016のWindows + Shift + Sホットキー(以前のバージョンではWindows + S)がWin 10では機能しないと述べています。 。 したがって、Snipping ToolとOneNoteの間にはキーボードショートカットの競合があります。 これはOneNoteのホットキーを修正して画面の切り抜きのためにOneNoteの[場所の選択]ウィンドウを開くためのいくつかの解決策です。 解決しよう:スニッピングツールのショートカットが機能しない OneNoteホットキーを変更する グローバルホットキーを無効にする OneNoteのシステムトレイアイコンでスクリーンショットをキャプチャする 1. OneNoteのホットキーを変更する 一部のユーザーは、キーボードショートカットを変更して、画面の切り抜きに対するOneNote 2016のホットキーを修正しました。 OneNoteには、ホットキーをカスタマイズするための組み込みオプションは含まれていません。 そのため、次のようにレジストリエディタでホットキーを変更する必要があります。 Windowsキー+ Rホットキーを押して、ファイル名を指定して実行を開きます。 [ファイル名を指定して実行]に「regedit」と入力し、[ OK ]をクリックしてレジ

Windows 10、Windows 8.1の“ Clfs.sys”エラーを修正する

Windows 10、Windows 8.1の“ Clfs.sys”エラーを修正する

ブルースクリーンに“ clfs.sys”エラーメッセージを得ることは一般的なWindows 10またはWindows 8.1の問題であり、ほとんどのユーザーが問題を解決している。 Windows 10またはWindows 8.1オペレーティングシステムで“ clfs.sys”エラーメッセージを修正するためにあなたがとる必要があるステップについての簡単なチュートリアルを以下に見るので、あなたは運が良いです。 故障したハードウェアコンポーネントがあり、Windows 10またはWindows 8.1システムが説明したエラーを発生させるため、この“ clfs.sys”エラーメッセージが表示されますが、このメッセージはデバイスドライバのいずれかに問題がある場合にも表示されます。 この問題の詳細については、以下の順序でチュートリアルを実行し、その過程でWindows 8.1またはWindows 10デバイスのデバッグ時間をいくらか短縮することで確認できます。 Windows 10またはWindows 8.1の“ clfs.sys”エラーメッセージを解決する方法 clfs.sys関連のドライバを更新します セキュリティスキャンを実行する システムを以前の時点に復元します。 SFCスキャンを実行する ディスクチェックを実行する RAMが破損していないか確認して

アーク:サバイバルは「サーバーが応答しない」というエラーを展開しました

アーク:サバイバルは「サーバーが応答しない」というエラーを展開しました

アーク:サバイバルエボリューションはまだアーリーアクセス段階にあり、その最終リリースの前に解決する必要がある多くの問題があります。 それにもかかわらず、正しいセットアップと機能するサーバーがあれば、プレーヤーはすでにこのユニークな冒険を経験することができます。 オンラインでプレイしている間に私たち全員が抱えていた問題の1つはサーバーと関係があります。 これは、プレイヤーによって作成された多くのカスタムサーバーを特徴とするゲームでは特にそうです。 どちらにも長所と短所がありますが、ゲームを開始する前に自分自身に通知することをお勧めします。 今日、私たちは迷惑なサーバーの問題を修正し、あなたが順調に進むのを手助けしようとします。 ARK:Survival Evolvedサーバーが応答していません サーバーが最新であることを確認してください ゲームの整合性を確認する バックグラウンドプログラムを無効にする ポート転送を無効にする コマンドプロンプトでネットワークアダプタをリセットする 代替DNSアドレスを使用する 追加ポートを転送 1.サーバーが最新であることを確認してください あなたが専用サーバーで遊んでいるなら、あなたがエラーの場合にあなたがすべき最初のことはそれを再起動することです。 これにより、クライアントとサーバーが同じバージョン上にあるため、サーバーが更新されます。 あなたは、